情報の力で暮らしを豊かにしよう

MONEDIA|マネディア

XperiaZ3のキャリアを、auからmineo(マイネオ)にMNPで乗り換えました

更新日:

本記事でのMNPは2015年に行ったものですが、2017年9月27日にmineoの最新情報になるよう、画像、文章の修正を行いました。

2015年1月に妻のXperiaZ1をmineo(マイネオ)に転出しました。2ヶ月ですが、生活圏内では何の問題もなく使える事がわかりました(妻からは、全然変わりないとのコメント)。

そこで、私の方のXperiaZ3もmineoに入れ換えることにしました。

今回はXperiaZ3を例に、auからの転出方法、マイネオの転入方法、注意点について、まとめたいと思います。

 

私が行ったmineo(マイネオ)への申込手順

au解約前に、オプション品をネットで購入しようとしたが・・・

XperiaZ1の解約と異なり、今回の解約はau回線が全て無くなってしまいます。つまり、貯まっていたポイントなどを出来るだけ使いきっておかないと損ですよね。

店舗に行くのは面倒だったんで、ネットで購入しようと思ったんですが、ネットで注意書きを見てみると、「ポイントで購入した後に商品が届くまでの間に解約すると、商品が届きません」との表示が。

同じように考えてる人がいるということですね。auに先手を取られてしまいましたね。ルールは飲むしかないのですが、タイミング的に・・・

  1. 商品を注文する
  2. 商品が家に届く(何日?最短2日?)
  3. MNP予約番号を取得(1日)
  4. mineo申込み(すぐ)
  5. mineoのSIMカード到着(最短で2日)
  6. 移行手続き(すぐ)

 

という流れだと、商品の受け取りの日数が予測できないため、月をまたいでしまい、余計な電話料金がかかる可能性があります。

そこで、直接auショップに、ポイント交換をしにいくことにしました。

 

ポイント交換とMNP予約番号のため、auショップへ

お店に入ると予想してましたが、やっぱり混んでました。

これがイヤだから、電話で手続きしたかったんですが・・・そして、待つこと20分、やっと呼ばれました。

ポイントが5000円ほど残っていたので、自撮り棒とBluetoothシャッターを購入、ポイント内で済ませるつもりが、少しだけ、ポイント代オーバーしましたが、まぁ良しとしましょう。

 

そして、本来の目的であったMNPの予約番号を発券してもらいます。番号の発行手続き自体は10分くらいで、すぐに終わりました。

この時に、解約金などの料金についても、合わせて説明を受けます。結局、MNPの説明よりもポイントで貰うものを選んでた時間の方が長かったくらいでした。

MNP予約番号は紙で貰えます。

電話でMNPを申し込みする場合と違って、メモを取って番号を間違える心配がないのが、店舗で行った場合のメリットですね。

 

ネットでmineo(マイネオ)の申込みへ

MNP予約番号をゲットしたので、すかさずその日のうちに、mineoのホームページで申込みを行いました。画像のピンク色の「申し込みはこちら!」から申し込みを行います。

 

申し込みの前に準備しておくものは下記の通りです。ただし、本人確認書類(免許証やパスポート)は、画像をアップロードせずに配達の際に確認してもらう方法もあります。

その場合は1080円の手数料が掛かってしまいます。

  1. MNP予約番号
  2. 本人を証明する画像(スキャナかカメラでOK、2MB以内)
  3. クレジットカード情報
  4. 4ケタの暗証番号(事前に決めておく)

 

私の今回の申し込みの全体の流れを、細かく書くと下記の通りになります。私の場合はeo光を使用しており、eoの会員IDを既に持っていたため、契約者情報の入力やクレジットカード情報の入力はありませんでした。

ケイオプティコムのサービスを使っていない場合は、下記に加えて契約者情報とクレジットカード情報の入力が必要になると思います。

  1. サービスの提供条件を確認
  2. サービスの契約約款の確認
  3. エントリーコードの入力
  4. 通信プランの選択
  5. 端末購入有無の選択
  6. SIMカードの種類の選択
  7. MNPの申し込み
  8. オプションサービスの申し込み
  9. 4桁の暗証番号の設定
  10. 本人確認方法の選択
  11. 支払情報の入力
  12. 本人確認情報のアップデート
  13. 契約内容の確認

 

申し込みは、手順に沿って申し込みを行っていくのみです。私は2回目という事もあって、申し込みは15分くらいでした。

初心者でも30分あれば終わるんじゃないかなと思います。特に難しいと思ったところはありません。

ただ、初めての人はつまづくんじゃないかな~と思ったのが、下記のエントリーコードの入力部分でした(エントリーコードについての説明が少ないんですよね・・・)。

 

エントリーコードとは、家電量販店などで配布されているチラシや、マイネオのwebキャンペーンなどで配られているコードの事です。

申し込み時にエントリーコードを入力すると、データ通信量がおまけでもらえたり、事務手数料が無料になったりします。

妻のXperiaZ1をmineoに切り替えする時、チラシを探しに近くの家電量販店を訪れたんですが、見つかりませんでした。

XperiaZ3の切替の申し込みもエントリーコードは使っていません。

 

SIMカードの種類の確認について

また、mineoの対応機種と、対応SIMサイズについては、mineoのHP上でその一覧が公開されています。

今回mineoに入れ替えを行うXperiaZ3では下記の表を見てみると、nanoSIMである事がわかります。

 

公式ホームページで下記から確認可能なので、申し込もうと思っている人は必ず一度は確認するようにしてください。まずはmineo に入って、下の画像の「auプラン対応端末一覧」をクリックします。

 

そして、下記から「持ち込み端末チェッカー」で調べる事ができます。

 

公式HPで端末をチェックしてみる⇒mineo

 

mineo(マイネオ)のSIMカード到着

ネットでの申込みから2日。SIMカードが家に到着しました。前回も2日で到着したので、対応がスピーディーでとても満足です。

到着した書類は、A4サイズの封筒と、細長の定型サイズの封筒です。

A4サイズの方にはSIMカードと、設定の手順が書かれた冊子が、そして定型サイズの方は、IDやパスワードが書かれた内容が記載された内容になっています。

前回も、今回も二つは同じ日に届きましたが、地域によっては到着する日が違うかもしれませんね。

 

中身を確認

定型サイズの封筒には、両面印刷の紙が一枚入っています。これには接続のためのID、パスワード情報が書かれている重要な紙なので、ちゃんと保管しておきましょう。

さらに大きなサイズの封筒の方には、写真のように設定用の冊子とSIMカードが入っています。

 

今回の設定の大まかな流れ

MNPの設定は下記のような流れで行います。全体の所要時間は一時間~一時間半くらいです。

  1. スマホの電源を切る
  2. SIMカードを入れ替える
  3. ネットでMNP転入手続きをする
  4. 30分くらい待つ
  5. 電話が繋がるか試す
  6. スマホのネットを繋ぐ設定をする。

 

スマホの電源オフ

まずは、XperiaZ3の電源を落とします。本体横の銀色のボタンを長押しして、電源を落としましょう。

SIMカードはスマホの中で、常に認識(通信)しているので、電源を落としてから作業するようにして下さい。

 

SIMカードの交換

SIMカードは本体を背面から見て、左側カバーをめくったスロットの中に入っています。XperiaZ3はnanoSIMなので、カードもスロットも小さくなっていますね。

 

外すときは、スロットの出っぱりに爪を引っかけて、引き出します。力業で引き出すので、壊さないように注意してください。

次に、mineoから送られてきた新しいSIMカードをスロットに入れ、スマホにセットします。新品のSIMカードは、写真のようなカード型の台座に入れて送られてきています。

 

設定用の冊子を見ると、この台座からSIMカードを外す時に、「金属部分を触らないで下さい」と書かれています。

片面、全部金属なのに、そんなの無理じゃん!と思いますが、なんとかして外します(私は触ってもいいように、ポリ手袋を着けて行いました)。

苦心して外したSIMカードを、スロットにセットして本体に戻せばオーケーです(スロットの差し込み方向に注意してください)。

ただし、まだここで、電源を入れてはいけません。先に転入手続きが必要です。

 

mineo(マイネオ)へのMNP転入手続き(切り替え手続き)

この手続きはパソコンで行います。mineoのホームページから、マイページにいう所に入ります。

この時に、定型サイズのの封筒に入っていた、IDなどが書かれていた書類が必要になります。

マイページに入ると、下部の方に、MNP転入手続きという項目があります。ここで、台座に書かれている16桁の数字のうち、下4桁を入力すれば転入手続きは終了です。

 

手続き終了後、回線切り替えに30分ほどかかるので、テレビでも見ながら気長に待ちます。この時、まだスマホの電源を入れちゃダメですよ。

 

転入手続きして30分経ったら切替テストコール

お待ちかね、ついにスマホの電源を入れましょう。

XperiaZ3の場合は、SIMカードを入れ換えてから、特別な画面が立ち上がるなど、という事はありませんでした。

まずは、切換手続きが完了しているか、確認するため、通話テストを行います

電話を「111」にかけて、「試験は終了しました」というコールが流れれば完了しており、電話が使える状況になっています。

切替のテストコールは必須ではありません。明らかに時間が経過している場合はこの項目については飛ばしていただいても構いません。

 

ネットの設定(CPA接続設定)

ここまでで電話は使えるようになりましたが、まだネットは使えません。ネットを見れるようにするには、別途、設定を行う必要があります。ここまでくれば、もう一息です。

ここからの設定は、もし周りにパソコンやスマホの得意な人がいるなら、その方にお願いした方がいいかもしれません。

ゆっくりやればできますが、ちょっと複雑です。今回はXperiaZ3としての、設定でお話しします。

まずは設定画面を開き、「その他の設定→モバイルネットワーク→高度な設定」を順番にタップしていきます。すると、接続画面が現れます。

そして、下記のCPA設定から、必要情報を入力すればOKです(パスワードの部分は「mineo」を入力)。

 

これで、完了です。最後に繋がるかどうか、ネットで適当なサイトを閲覧してみて下さい。

 

auからmineo(マイネオ)への乗り換えまとめ

文字にすると長いですが、実際に手を動かしている時間は一時間もありません(転入手続きを待っている時間が一番長いです)。

前編と合わせて、キャリアの切換にかかった時間はトータルで2時間ほどでした。これで、電話料金が半額以下になるわけですから、ありがたい限りです。

公式HPを見てみる⇒mineo

 

-マイネオ(mineo)で節約
-,

Copyright© MONEDIA|マネディア , 2017 All Rights Reserved.